格安スマホで快適生活

今や私たちの生活に完全になくてはならなくなっている「スマホ」。それだけに月々の使用料金は安く抑えたいものである。そこでおすすめしたいのが「格安スマホ」だ。大手の携帯会社の平均利用額が月々7,000〜8,000円なのに対し、その利用料金は月額2,000〜3,000円程度。実に半値以下である。

Q.「格安スマホ」はなぜ安いのか
なんでこんなに安いの? 騙されてないかしら?
「格安スマホ」がどういったものかを知らない人にとって、率直な感想はこんなところだろう。とくに、多くの格安スマホ(格安SIM)の会社はインターネット上で販売を行っているので、得体の知れない感はMAXだ。しかし「格安スマホ」はなぜこんなにも料金を抑えられるのだろうか。

A.  料金構造が違うんです
格安スマホが安いのは、そもそも料金設定の仕組みが違うことにある。まず大手携帯会社の料金構造を見てみよう。
名称こそ違うが、基本的な料金構造はdocomo, au, softbank とも次の3つで構成されている。

一方、この (2)データ使用料 のみを引っこ抜いてきたシンプルな料金プランが一般的な「格安スマホ」の料金構造である。さらに、データ使用料も大手携帯会社に比べて安いプランを選ぶことができる。

これが「格安スマホ」が “安い” 理由である。

なぜ「格安スマホ」の会社はこのような料金プランを提供できるのか?それは「格安スマホ」の会社がインターネットの会社であるからである。大手の携帯会社はあくまで「携帯電話」の会社。それゆえ、通話をベースとした料金プランの提案が基本になっているのだが、インターネットの会社にその法則を守る義務はない。それゆえ、格安スマホはインターネットの会社が提供しているのである。

少し「格安スマホ」への懐疑心が晴れただろうか? 次に、格安スマホにはどんな会社があるのかを説明しよう。