おすすめ「格安スマホ」

「格安スマホ」の利用件数は年々増加している。総務省2016年12月時点の発表によれば、携帯を持っている人たちの8.6%が「格安スマホ」であるという。「10人に一人!」とまでは言い過ぎだが、そこそこメジャーになってきているのがおわかりいただけるであろう。しかし、みんなどんな会社を選んでいるのだろうか? オススメの会社をピックアップする。

おすすめNo.1
UQモバイル

★知名度が高くて安心!
★利用者目線の料金プランを提供

5分以内の通話無料サービス※がついてかつ、月額使用料が2,000円を切るコストパフォーマンスのよさは業界でも珍しい。また、データ使用料からSNS通信料(Twitter, Facebook, LINEなど)はデータ通信量なしとしてカウントできる機能までついている。大手携帯会社から乗り換える際、一番ストレスフリーで乗り換えできるのではないかと思う。

【キャンペーン実施中!】
今ならweb申し込み限定で「初期費用(3,000円)無料キャンペーン」実施中! 詳しくはUQモバイルのサイトで。↓↓↓↓↓↓↓↓



※このキャンペーンサイトからのアクセスでないと初期費用無料キャンペーンが適用されない場合があるので注意してください

おすすめNo.2
exciteモバイル

★ファミリープランのコスパが最強
★最低利用期間なし!

この会社の強さは「家族で利用額を落とせる」というところだ。家族3人で15GBを使っても3人の合計額は6,080円!一人の契約者が最大5枚までSIMカードを受け取ることができるので、最大5人でシェアすることができる。「子どもに防犯目的で携帯をもたせたいが、月々の使用料が気になる」という人はぜひこの会社を選んでほしい。またデータ通信専用SIMなら、よくある契約の2年縛りもないためいつでも解約ができる。来る者”ウェルカム”去る者追わず、の良心的な会社だ。

【キャンペーン実施中!】
最大25,000円のキャッシュバックのほか、春の新生活応援キャンペーン(〜5月31日まで)など、お得なキャンペーンが目白し! ↓↓↓↓↓↓↓↓


おすすめNo.3
Nifmo by nifty

★SIMフリーの端末代が安い
★有料wifiスポットも無料で使える

基本的に端末代込みでの料金がおすすめで月々の額は2,980円である。お値段としては平均的なラインだと言えるが、もともとセキュリティーの会社であるところに安心感があるのと、そのコネクションがあるからか追加料金なしで公衆Wi-Fiサービス(BBモバイルポイント※)使えるところに魅力がある。
※ BBモバイルポイントはソフトバンク株式会社が提供するサービス



格安スマホの会社はもっとたくさんあるわけだが、まずはそれぞれのサービスの違いについて知ってもらいたくてこの3つを取り上げた。
次に乗り換える時に必要な情報をまとめる。